基礎知識

ポイントの共通化が加速

投稿日:


同じ企業グループ内で異なる種類のポイントが併存するのをやめて、統一する動きが加速しています。7日にはJR九州で「JRキューポ」が誕生します。これまでインターネット列車予約、クレジットカード決済、ICカード利用で別々に付与されていた3種類のポイントが一つとなり、使い勝手が高まります。

グループ内でポイントを統一する動きは2016年から目立ちます。イオングループでは「WAON POINT」、阪急阪神グループでは「Sポイント」が誕生しました。グループ内であればどのサービスでも同じポイントをためて使えるようになります。

JR東日本で16年2月に生まれたのが「JRE POINT」です。アトレやグランデュオといった各駅ビルでポイントカードが統一され、相互に利用できるようになりました。

JR東日本で注目したいのは今後の予定です。まず電子マネー決済時にたまる「Suicaポイント」が17年12月、JRE POINTに生まれ変わります。約5万あるSuicaポイント加盟店でためたポイントを各駅ビルで使ったりできます。さらにクレジットカードのビューカードでたまる「ビューサンクスポイント」も18年度中に統合される予定です。

ポイントの統合はグループ店舗間で相互に客を誘導し合うのが狙いです。2つ以上の店舗を使う人の数が1.5倍以上に増えたという結果もあるようで、今後も様々な企業グループで統合が進みそうです。

おすすめ記事

pose_motsu_card 1
スピーディーな決済が嬉しい♪電子マネーのいろいろ

少額決済にすばやくスマートに対応できる「電子マネー」は、端末にタッチで支払い完了なうえに、ポイント獲得のチャンスもたくさん♪ プリペイドとポストペイという2つの方式に分けられ、それぞれにメリットがあり ...

gahag-0105534147-1 2
カードの不正利用被害を食い止めよう!!ネットショッピング自己防衛法

バーチャルカードやプリペイドカードで対策 クレジットカードを利用する中で、万が一クレジットカードが乗っ取られ、不正に利用された場合でも、よほど過失がない限りは補償などを受けることができますが、セキュリ ...

-基礎知識

Copyright© 納得クレジットカード , 2017 AllRights Reserved.